お悔やみ 電報。 郵便局でお悔やみの電報は送れる?|レタックス・料金・ntt|終活ねっと

お悔やみの気持ちを弔電で

お悔やみ 電報

弔電で気をつけるポイントは? 弔電は急な訃報に接して打つことが多いため、あわててミスをしないよう、 しっかりと確認して手配する必要があります。 葬儀や法事の日時、お届け先の郵便番号・住所、故人名・喪主名、受取人と 故人の続柄などをあらかじめ確認します。 弔電手配でミスしないためのチェック票• 送り状の受取人名は、喪主名(フルネーム)にするのが一般的です。 確実なお届けのために、できれば喪主名・故人名の両方を記載しておくとよいでしょう。 社葬のように企業や団体が主催する場合は、葬儀責任者、部署、主催者宛てにします。 メッセージの宛名は、メッセージを届けたいご遺族の名前にします。 弔電メッセージの書き方は? 文例集などを参考に、不幸を悼む思いやご遺族への励ましの気持ちを伝えましょう。 弔電の場合あまりオリジナリティを意識しすぎず、ある程度かしこまった文面にとどめることで、失礼のないメッセージを作ることができるでしょう。 弔電の書式は、毛筆縦書きがよく利用されています。 他の書式よりも格調高い雰囲気を伝えられるため、おすすめです。 (でんぽっぽでは、無料でご利用いただけます) 文面をどのように書くか迷う場合は文例集からそのまま引用しても問題ありませんが、 例文をベースに故人との思い出やお世話になったエピソードなどを添えると、 悲しみにくれる遺族への慰めになるかもしれません。 弔電・お悔やみ電報で使う敬称は? 受取人と故人との続柄によって、一般に以下のような敬称が利用されます。 実の父 :ご尊父[そんぷ]様、お父様、お父上(様) 夫の父 :お舅[しゅうと]様、お父様、お父上(様) 妻の父 :ご岳父[がくふ]様、お父様、お父上(様) 実の母 :ご母堂[ぼどう]様、お母様、お母上(様) 夫の母 :お姑[しゅうとめ]様、お母様、お母上(様) 妻の母 :ご岳母[がくぼ]様、ご丈母[じょうぼ]様、ご外母[がいぼ]様 両親 :ご両親様、ご父母様 夫 : ご主人様、ご夫君様 妻 : ご令室[れいしつ]様、ご令閨[れいけい]様、奥様 祖父 : お祖父[じい]様、ご祖父[そふ]様 祖母 : お祖母[ばあ]様、ご祖母[そぼ]様 息子 : ご子息(様)、ご令息(様) 娘 : ご息女(様)、ご令嬢(様)、お嬢様 兄 : 兄上様、ご令兄[れいけい]様、お兄様 姉 : 姉上様、ご令姉[れいし]様、お姉様 弟 : ご令弟[れいてい]様、弟様 妹 : ご令妹[れいまい]様、妹様 父母の兄 :伯父[おじ]様、伯父上様 父母の姉 :伯母[おば]様、伯母上様 父母の弟 :叔父[おじ]様、叔父上様 父母の妹 :叔母[おば]様、叔母上様 家族 : ご家族様、皆様、ご一同様 ただし、必ずしも上記の敬称を使わなければならないわけではありません。 忌み言葉って? 弔電では故人やご遺族への失礼にならないように、 「忌み言葉」と言われる以下のような言い回しを避けるのが一般的です。 繰り返し言葉: 重ね重ね・たびたび・いよいよ・くれぐれも・ますます・つくづく・重々・返す返す・次々・また・再三・再び・繰り返し・追って (不幸が重なる印象を持たせるため) 不吉な数字: 「九」「四」(「九」は苦しみに通じ、「四」は死に通じるため) 不幸な言葉: 苦しむ・迷う・浮かばれない・とんだこと(故人の苦しみを思わせるため) 死を直接的に表現する言葉: 死ぬ・死亡する・倒れる…… また、宗教・宗派によっては使わない言葉があります。 たとえばキリスト教の葬儀などでは「成仏」「仏」「往生」「供養」「極楽」「浄土」といった仏教語は使いません。 逆に、仏教形式の葬儀では、「天国」「召される」などの言葉は不適切となるかもしれません。 国内では仏教形式の葬儀が一般的ですが、あらかじめ故人の宗教を確認してから弔電を作成するとよいでしょう。 法事・法要に送る弔電の注意点は? 一般的な注意点は、葬儀に送る弔電と同じです。 四十九日や年忌法要に参加できないときには、早めに電報を送る準備をします (でんぽっぽでは、お届けの1か月前からお申し込みいただけます)。 一般的には、法要が行われる前日の夕方か、当日の朝に届くように手配します。 送り先が自宅ではない場合には、受け取ってもらえる日時をあらかじめ会場に確認しておくとよいでしょう。 お届け先は、案内状などに記載されているご自宅や斎場の住所とし、 受取人名(宛名)は施主にするのが一般的です。 弔電にはいろいろな種類がありますが、仏壇に飾れるプリザーブドフラワーや 線香付きの台紙は、故人や遺族を大切に思う気持ちがかたちとして伝わりやすいため おすすめです。

次の

葬式のお悔やみ電報(弔電)の送り方や文例

お悔やみ 電報

2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 最新 配送について• 2020. 03 【新型コロナウィルス感染拡大に伴う一部電報の配送遅延】• 2020. 2018. 06 障害・メンテナンス情報• 電報とは、結婚式などのお祝い事やお悔やみ事など、儀礼的(フォーマル)なシーンでよく使われているメッセージの伝達方法です。 お祝い用の電報である祝電は、例えば結婚式に招待されたけれど出席が難しい場合、 お祝いの気持ちを言葉で伝えるためにご利用されます。 最近ではメッセージを届ける台紙は様々で、花束やバルーン、ぬいぐるみと一緒にお届けするのも人気の伝達方法です。 お悔やみ用の電報である弔電は、 事情があって通夜や告別式に参列出来ない際に、お悔やみの言葉を電報として送ります。 死をいたみ、悲しみの意味を込めて、弔いの言葉をお届けします。 電報を送るには、 電報をお届けする場所、受取人のお名前、電報をお届けする日、電報の文面の情報が必要です。 【ほっと電報】では、お届けするシーンに合わせて800種以上の豊富な文例をご用意しているため、あなたに合った文面をご用意いただけます。 ただ、定型文では気持ちが伝わりにくいので、文例を参考にしながらも、あなたの言葉で、 お祝い・お悔やみの気持ちを届けていただくと良いでしょう。 また【ほっと電報】では、様々なタイプの商品をご用意しています。 お祝い用の電報である祝電では、ベーシック、刺しゅう、押し花、漆芸、胡蝶蘭、デザイナーズとフォーマルにお使いいただけるものがあるほか、 バラエティに富んだぬいぐるみやフラワー(生花)、プリザーブドフラワー、バルーン、バルーンフラワー等のご用意がございます。 お悔やみ用の電報である弔電でも、ベーシック、刺しゅう、押し花、漆芸とフォーマルにお使いいただけるものがあるほか、フラワー(生花)、ブリザーブドフラワー等もあります。 数多くの商品からシーンに合った商品をご利用ください。 【ほっと電報】ではご利用の方法も簡単です。 【ほっと電報】のWebサービスでは、豊富な文例を参考にしてメッセージのレイアウトを確認しながら作成が可能です。 オプション(有料)でメッセージ文面にオリジナルの画像や会社のロゴをいれる事も可能です。 ご利用頂いたお客様からも、「インターネットからの注文で不安もありましたが、簡単にお申し込みができました。 」という声を頂いています。 また、Web会員登録(無料)をしていただくともっと便利にサービスをご利用いただけます。 電報の代金をソフトバンクの電話料金(おとくライン・クイックライン)といっしょにお支払いが可能になるほか、請求書でのお支払いも選択可能です。 また、宛先、差出人、文例をテンプレートとして保存可能で、メッセージには50種類のフォントをシーンに合わせてお使いいただくことも可能です。 充実した商品ラインナップと、サポート体制を持つソフトバンクグループの【ほっと電報】を、ぜひご利用ください。

次の

弔電(お悔やみ用)|電報なら【ほっと電報】|ソフトバンクグループ

お悔やみ 電報

通夜は、地味な色合いの服装であれば喪服でなくてもかまわないといわれてきました。 しかし、近年では、ほとんどの方が通夜でも喪服を着用して参列していますので、喪服で参列するほうが安心です。 葬儀(告別式)に参列する場合は、喪服となる漆黒の略礼服が基本です。 しかし、正式な喪服をお持ちでない場合は、女性は肌の露出が少ない黒のオーソドックスなデザインであれば失礼にあたりません。 バッグや靴、ストッキングも黒とし、アクセサリーはイヤリング ピアス とネックレスをセットでつけることが正式です。 注意点はネックレスを一連のものにすることです。 二連以上のものは不幸が重なるということを連想させるので控えます。 素材は漆黒のジェットが正式です。 日本ではパールが定番になっていますが、黒いオニキスなどでも構いません。 マニキュアは落として伺うことも忘れずに。 また、最近は、自宅でジェルネイルを落とせる道具もあるようですが、備えのない場合などすぐに落とすことのできないときは、黒いレースの手袋などで目立たないようにする配慮も。 男性は光沢のない黒いスーツでもOK。 ただしネクタイは黒、金時計や光るネクタイピンなどは外します。 ワイシャツは白で、ボタンダウンは避けましょう。 また、お子様が参列する場合は、制服があればそちらが正装となりますので、着用して構いません。 しかし、もし、赤いリボンやネクタイなどがある場合は、そちらだけ黒にするなどの配慮があると良いですね。 故人の宗教・宗派によって、通夜や葬儀(告別式)の進め方や不祝儀袋の表書きも異なります。 参列の手順は、故人の宗教・宗派に合わせて行いましょう。 不祝儀袋の表書きは、キリスト教の場合、カトリックなら「御ミサ料」、プロテスタントなら「御花料」となります。 神式では「御榊料」「玉串料」が一般的です。 近年は家族葬や無宗教葬なども多くなってきています。 「御霊前」なら宗派を問わずに使えるといわれていますが、浄土真宗やプロテスタントでは使えませんから注意しましょう。 これらの宗派は亡くなると霊になるという考え方ではないため、「御霊前」とは書きません。 また、近年はご遺族側が、供花や供物は辞退するという傾向が増えてきました。 このような場合は弔電を送ると良いですね。 弔電は供花や供物と違い、金銭的な返礼を必要としないため、遺族に負担をかけずにお悔みの気持ちを伝えることができます。 すべてにおいて故人とご遺族の意向にしたがうことがマナーといえましょう。 弔問に伺う時間は、開始時間の30~10分くらい前に到着するように伺うのが理想です。 故人との最後のお別れですから、諸事情あって早すぎても(または遅くなっても)問題ありません。 遠慮しないで、後悔のないようにお別れをいたしましょう。 受付でまず一礼し「このたびはご愁傷様です」「お寂しゅうございますね」など手短にお悔やみの言葉を述べてから香典を渡し、弔問者名簿に記帳します。 香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参し、受付の台の上に置いて目の前で開け、向きを相手から見て正面になるようにして両手で差し出します。 香典に包むお礼は新札を避けます。 忌み事を予測して用意していたかのような印象を与えかねません。 とはいえ、使い古されたもの過ぎないように注意しましょう。 新札の場合は、一度折り目をつければ問題ありません。 一般的にお通夜・葬儀(告別式)が行われる場所(個人宅、斎場など)に喪主宛てに送ります。 社葬のように企業、団体が主催する場合は、部署、葬儀責任者、主催者(個人またはグループ)宛てといった場合もありますので、確認が必要です。 また、ご友人に励ましの意味を込めて送る場合、そのご友人様宛でも問題ありませんが、喪主様のお名前も記載するようにしましょう。 差出人はフルネームとし、弔電をお受取りになった方が、差出人へ確認や御礼などのご連絡をなさる際にお手間をとらないよう、差出人の氏名、連絡先電話番号、住所を記載しましょう。 ビジネス上のお付き合いの場合は、会社名、役職、所属も合わせて記載します。 また告別式などで弔電が読み上げられる時のために、差出人の名前の後にふりがなを記載しておくと親切です。 弔電では、故人に対して特有の呼び方・敬称を用います。 誰宛に弔電を送るのかに応じて、故人への呼び方が変わりますので注意が必要です。 一般的には喪主宛てに送りますが、例えば故人が同僚のお父様で、喪主は同僚のお母様の場合、喪主宛に送るときには「ご主人様」となり、同僚宛の場合には、「ご尊父様」となります。 父親 ご尊父様(ごそんぷさま) お父様(おとうさま) 母親 ご母堂様(ごぼどうさま) お母様(おかあさま) 義理の父親 御岳父様(ごがくふさま) 御外父様(ごがいふさま) 義理の母親 御岳母様(ごがくぼさま) 御外母様(ごがいぼさま) 祖父 ご祖父様(ごそふさま) 御祖父様(おじいさま) おじい様 祖母 ご祖母様(ごそぼさま) 御祖母様(おばあさま) おばあ様 夫 ご主人様(ごしゅじんさま) 旦那様(だんなさま) 妻 ご令室様(ごれいしつさま) 奥様(おくさま) 伯父・叔父 伯父様(おじさま) 叔父様 (おじさま) 伯母・叔母 伯母様(おばさま) 叔母様 (おばさま) 息子 ご令息様(ごれいそくさま) ご子息様(ごしそくさま) 娘 ご令嬢様(ごれいじょうさま)ご息女様(ごそくじょさま) お嬢様(おじょうさま) 兄・義兄 ご令兄様(ごれいけいさま) 兄上様(あにうえさま) 弟・義弟 ご令弟様(ごれいていさま) ご弟様(ごおとうとさま) 姉・義姉 ご令姉様(ごれいしさま) 姉上様(あねうえさま) 妹・義妹 ご令妹様(ごれいまいさま) お妹様(おいもうとさま) 不幸が続いたり、悪いことを連想させるような言葉は「忌み言葉」として失礼にあたりますので、使用しないように気をつけましょう。 また宗派によっては不適切な言葉もあります。 そのため訃報を聞いたら、宗派の確認も忘れずに行いましょう。 【神道やキリスト教には不適切な仏教用語】 冥福を祈る、ご愁傷様、供養、成仏、往生、冥途• 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご家族皆様方のお悲しみをお察し申しあげますとともに、謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

次の