ルノアール 価格。 「昭和の喫茶店」が廃れる一方で「ルノアール」が好調な理由 (1/5)

喫茶室ルノアール 渋谷宮下公園店

ルノアール 価格

首都圏のビジネスパーソンがほっと一息つける都会のオアシス「喫茶室ルノアール」を経営する銀座ルノアールが、8年連続で過去最高の売上高を更新する見通しだ。 ルノアールのコーヒーは1杯600円前後と、喫茶店にしては割高だ。 にもかかわらず、銀座ルノアールは2017年3月期まで緩やかに売上高が伸びている。 08年に56億9300万円だったが、17年には76億4600万円と、過去10年で3割ほど増えている。 また、経常利益は第3四半期までで3億6800万円となっているが、前年通期の3億2700万円をすでに上回る好調ぶりだ。 今回は、利益が出にくく継続するのが難しいとされる喫茶ビジネスで、喫茶室ルノアールが第一線であり続けられる理由を探っていきたい。 ルノアールの外観 人気が再燃している理由 店舗数は88店。 グループ全体、他のブランドを含めて119店を展開している。 昭和の雰囲気が漂う老舗喫茶店が低価格・セルフサービスの店に押されてどんどん廃れていっても、ルノアールは根強い支持で勢力を維持し、今また人気が再燃している感がある。 ルノアールは「名画に恥じない喫茶店」のコンセプト通り、まるで画廊に居るようなゆったりした静かな雰囲気があって、接客がていねいで居心地が良い。 これは低価格喫茶チェーンにはないものだ。 大半の店でWi-Fiと無料で使える電源が整備されている。 3時間で1000円くらいのネットカフェに比べれば、モバイルで仕事をする人にとってはコストパフォーマンスが良好。 コーヒーを飲み終わったあとの絶妙なタイミングで運ばれてくる無料のお茶サービスもあり、時間を気にせず座っていられる。 仕事の合間に頭を整理したり、本を読んだりするために来店する常連客も多く、新聞も無料で読める。 つまり、一種のサテライト・オフィス兼休憩所として気軽に使える便利さがある。 また、打ち合わせや商談によく使われることから、貸会議室を併設している店舗もあるほどだ。 オフィスの延長線上で愛用されているのも、ルノアールの強みである。 関連記事• 米国発のカフェ「ブルーボトルコーヒー」が、日本に上陸して1年が経った。 オープン当初は行列ができていたが、なぜ多くの人は一杯のコーヒーを求めて何時間も並んだのか。 同社の井川取締役に分析してもらったところ……。 米国発の喫茶店「ブルーボトルコーヒー」が日本に上陸して、1年が経過した。 カフェといえばテクノロジーの世界とはあまり縁がないように感じるが、実は……。 ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。 今回は急成長中のコメダ珈琲店について読み解く。 「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」のそばを提供して急激に店舗数を増やしているのがゆで太郎だ。 今回は、後発ながら富士そばや小諸そばを追い抜く原動力となった同社のこだわりと戦略を紹介する。 今回は、チーズタッカルビなる料理が日本の外食で広がっている現況と、新大久保コリアン街を再生させて、日本全国に普及した過程を解説していきたい。

次の

【15店】チェーンカフェ店のブレンド価格の一覧リスト

ルノアール 価格

コーヒーショップの目次~• はじめに 喫茶室ルノアールについて コーヒー好きの皆さん、コーヒーライフはいかがお過ごしでしょうか。 美味しいコーヒーとともにお過ごしのことと思います。 ところで、みなさんはルノアールというチェーンはご存知でしょうか。 ルノアールとは、株式会社銀座ルノアールが経営するコーヒーチェーンです。 純喫茶の喫茶店ルノアール、大人の女性向けの瑠之亜珈琲など、様々なメニューの喫茶店を展開しています。 首都圏が中心なので、ご存じない方も割合いらっしゃるはずです。 今回はその喫茶室ルノアールに注目し、 メニューの値段について紹介していきます。 ランチメニューを主に、値段がどれくらいかについても触れていきます。 フードメニューはランチを兼ねており、喫茶店らしいトーストをメインとしたメニューです。 ナポリタンやカレーなどもなく、 トーストサンドぐらいが量多めのメニューといえるでしょう。 ただ、代わりにトーストセットが充実しているところが、おすすめポイントでもあります。 柚子ジャムトースト、ハニートースト(クリームチーズ添え)など、洒落たメニューもグッドです。 また、モーニングは4種類も用意されている充実ぶり。 スペシャルサンドを頼めば、ちょっとしたお昼ごはんのような食事になりますね。 ドリンクで目を引くのは、やはりルノアールのブレンド2つでしょう。 バランスの取れたブレンドと、苦味とコクを売りとしたビターブレンド。 どちらも、こだわりのネルドリップによるもので、香り高い味となっています。 そのため、軽食が多いルノアールではランチは安そうに見えます。 ただ、気をつけて欲しいのは、上で上げた値段は 飲み物代が別です。 ルノアールは他のコーヒーチェーンに比べて高めの値段設定となっています。 トーストサンド+ブレンド(580円)をセットにすることで、1000円近くになります。 値段だけ見ると、 ランチはトーストサンド単品で頼むのが安く上がるでしょう。

次の

【ルノアール】モーニングは60円~2つ頼む裏ワザとは?

ルノアール 価格

函館のスタバは土日でもない限り都心のスタバのように混雑しないので、池袋に来てからは「どうも落ち着かないなぁ」と感じていた。 落ち着いた空間にお金を払いたいという気持ちで訪れたのは老舗「喫茶室ルノアール」。 あなたも訪れたことがあるかもしれないが、ルノアールのコーヒーはなかなかのお味で、Wi-Fiなどの設備も申し分なく、毎日通いたくなるほど居心地の良い空間だったのでアピールポイントをお伝えしていく。 またいくらかお得に利用できる方法も合わせてお伝えしていく。 運営は銀座ルノアール(ぎんざルノアール)が行っていて東京都、神奈川県を中心に「喫茶室ルノアール」などの喫茶店をチェーン展開している。 支店舗数喫茶店は112店舗(うちフランチャイズ1店舗)。 上の写真は、ルノアールグループ池袋駅周辺の7番目の店舗となり、2014年にオープンしたお店。 池袋駅周辺にありながらも落ち着いたくつろげる空間だと評判。 電源やWIFIも完備され、中にはコピー機まで設置されている店舗や、会議室まである店舗も。 ビジネスマンにとっては至れりつくせりの環境となっている。 世間を騒がせている「ルノアール問題」とは? つい先日「ルノアール派は年収が高く、スタバ派は年収が低い」などの発表がマクロミルが行ったこともあり、ツイッターではちょっとした騒ぎに。 スタバ270万円は学生を含め若い女性が多いから理解できるけど、年収405万円でルノアール行く人は何しに行ってるのという感も。 ドトールは暇つぶしのヲッサンが多いから比較的静かだしルノアールも作業場や打ち合わせが多いしスペースの余裕を多く取ってるからそれほど他人の声が気にならない。 — heitaro-2nd heitaro2 スタバ派とルノアール派それぞれで意見を述べ合っているが、ルノアールの落ち着いた空間と美味しいコーヒー、安定したWifi環境、席同士が少し距離があるので僕は好きだ。 だがスタバのラテもドーナツもワッフルも、あの賑やかな環境も嫌いではないので、自分が気分よく過ごせるほうへ行けばいいと思っている。 スタバは店員さんとも気さくに話せる雰囲気があるが、ルノアールはそういう雰囲気をあまり感じない。 お店によって目指す空間作りやターゲットが違うので、訪れる客層が違ってくるのも当然といえる。 繰り返しになるが、僕はどっちも好きです。 ルノアールのモーニングは安くてお得! お店のオープンからお昼12:00までは「バタートースト」「スープ」「玉子」の3点で60円という驚異的な安さ。 サンドイッチやヨーグルトが付いたセットも190円とコンビニで買うよりもお得な内容。 そのぶん飲み物が高いという意見もあるが、Wifi代や場所代と思えば納得できる範囲。 コーヒーはドトールのブレンドを濃厚にしたような味わい。 (簡易的に区切られているタイプではなく自動ドア開閉タイプ) 写真のソファー席には全席コンセント付き。 店内はJazzがほどよい音量で流れていて席同士も少し空間が設けられているので、ほかの人の話し声も気にならない。 さっそく一口飲んでみると、ブラジルの芯のある苦味とコロンビアのまろやかな口当たりに、エチオピアの華やかな風味がほんのりプラスされていて、甘みと酸味のバランスがとれた風味豊かな一杯。 ネルドリップ特有の濃厚な舌触りながらもスッキリとキレのよい一杯。 ルノアールのホスピタリティ 横浜西口のルノアールは、学習室みたいに1人用の机があって作業しやすい。 コーヒーばかり飲んでいると口が飽きてくるし、お水の飲むのも少し寂しい。 そんな時のお茶は心も身体も温めてくれる。 しかし、なぜルノアールではお茶を持ってきてくれるのか? 実は、ルノアールは「花見煎餅」という煎餅屋さんの喫茶部門が独立して誕生したという経緯がある。 そういった事情から、ルノアールが創業当初はメニューに日本茶と煎餅のセットがあったようだ。 お茶を出す理由については「ゆっくりおくつろぎください」という意味が込められているそう。 決して「早く帰ってください」という意味ではないようなので安心だ。 ルノアールで提供されているお茶の種類は煎茶・緑茶で、飲み終えると店員さんが再び注いでくれる。 コーヒー一杯の値段は決して安くないが至れり尽くせりのサービスを受けることができる。 ルノアールをお得に利用するには? ルノアールをお得に利用するなら「ルノアールEdyカード」を持つことをおすすめする。 「ルノアールEdyカード」は現金をチャージして使えるプリペイドカード。 発行費は1枚100円(税込み)かかるが、飲食代がいつでも10%引きに。 また、毎週月曜日はお客様感謝デーで、飲食代が15%引きになる。 発行費の100円も2~3回利用すればすぐに元が取れるので、まだ「ルノアールEdyカード」を持っていないなら作成することをおすすめする。 まとめ 「都会のオアシス」をコンセプトにした喫茶室ルノアールは電源、WIFI完備。 モーニングもお手頃価格でビジネスマンにとってありがたい空間。 コーヒーは少し高めかもしれないがお茶の無料サービスがあったり、ゆったりくつろげる場所だと僕は感じている。 【自己紹介】 1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。 母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。 そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。 こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。 ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo. 1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。 おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。 また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

次の