平和島 競艇 場 ライブ。 平和島競艇場の特徴を検証!インコースの勝率の低さが日本一の競艇場!?

開催日程|ボートレース平和島

平和島 競艇 場 ライブ

東京都内にある3箇所の競艇場(平和島・多摩川・江戸川)の中では最大の売上高をあげているボートレース平和島(平和島競艇場)。 立地条件や利用者数の観点から、かつては「東のメッカ」と呼ばれたこともあり年末の賞金王決定戦も開催された実績があります。 ボートレース平和島(平和島競艇場)周囲には京浜急行電鉄(京急)グループの京急開発株式会社が所有するパチンコ店・ゲームセンター・平和島クアハウスや飲食店等が入る複合商業ビルやバッティングセンターなどがあり、ボートレース平和島(平和島競艇場)はこれらと併せてビッグファン平和島の一部を構成しています。 ここでは競艇(ボートレース)の舟券を購入する上で重要なボートレース平和島(平和島競艇場)の水面の特徴や攻略法、コース別データ、モーター情報を紹介させて頂きます。 平和島競艇場の水面特徴 インコース(1コース)の勝率が日本一低い平和島競艇場 ボートレース平和島(平和島競艇場)の最大の水面特徴と言えば全国の競艇場の中でインコース(1号艇)の1着率が日本一低いという事です。 そのためド派手な万舟券もボートレース平和島(平和島競艇場)ではちょこちょこ見かける事になります。 理由としては1マークターン後のバック側での斜行が大々的に禁じられているので、インコースに入った艇が「差し」や「まくり差し」を決められて道中逆転される為です。 そのため1周2マークまで勝負がもつれる事も多々あり、決まり手が「抜き」という場合が多いのもボートレース平和島(平和島競艇場)の特徴とも言えます。 競艇(ボートレース)としては珍しい、ゴール直前決着や逆転という場面もボートレース平和島(平和島競艇場)のレースでは、ちょこちょこ出てきます。 風の影響をうけやすい平和島競艇場 平和島と大森の海岸の間の運河を利用しており、潮の満ち引きによる潮位差はあるが、東京湾からの波が直接入ってくることはないので波自体は比較的穏やかな水面と言えます。 しかし大型船等の船が近くを通る場合があり、その時に限っては1マーク近くで「うねり」が発生します。 またボートレース平和島(平和島競艇場)付近は建物に囲まれている為に強風が吹きやすい春先等にはビル風と合わせて荒れた水面になりやすくなります。 春から夏または秋にかけては追い風、秋ごろから冬にかけては向かい風というのがボートレース平和島(平和島競艇場)の基本の風になります。 しかし、1レースから12レースの間にしょっちゅう風向きが変わるのもボートレース平和島(平和島競艇場)の特徴と言えるのでスタートが難しい競艇場とも言えます。 以上をトータル的に見ると比較的走りづらい水面と言えます。 ボートレース平和島(平和島競艇場)で風向きと同じか、それ以上に影響があるのが風の強さです。 追い風の場合、5m以内の風であればインコースが強く逃げやすくなる傾向にあります。 ただし、5m以上の追い風になると1マークを握って回った選手が流れやすくなり、差しが決まりやすい傾向になります。 向かい風の場合には、3m以内の風であればインコースが強く逃げやすくなる傾向にありますが、5m以上になってくるとまくりなどが決まりやすくなり高配当が連発されやすくなります。 平和島競艇場は4コースより外のコースでも戦える水面特徴 風が1マークから2マークに向かって吹く向かい風の事をボートレース平和島(平和島競艇場)では「チルト3度の風」という表現をされていて「まくり」に適した風となっています。 故にセンターからの「まくり」や「まくり差し」が良く決まりセンター勢の連体率の高さも目立ちます。 ちなみに6コースからの1着率は全国の競艇場の中でも1番高い確率になっています。 引用元:ボートレース平和島オフィシャルHP 平和島競艇場のコース別データ 引用元:boat race official hp 競艇(ボートレース)の場合、インコースに近いほど勝率が高く、アウトコースに行くほど勝率が低くなるのが通例ですが、ボートレース平和島(平和島競艇場)の場合はどちらかというと勝率が分散されている傾向が強いように感じます。 平和島競艇場のモーター情報 直近のモーターランキングに関してはを参照ください。 ボートレース平和島(平和島競艇場)のモーター交換時期は6月になります。 6月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、6月以降の7月や8月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ 1号艇(1コース)の1着率が全国の競艇場の中で一番低いボートレース平和島(平和島競艇場)ですが、実際にレース期間が始まってオッズのフタを空けて見ると、かなりの確率で1番人気は1号艇になっています。 その為、あえて1号艇を外してみたり、1号艇のヒモで舟券を購入してみたりと、万舟券の可能性はかなり高いように感じます。 ボートレース平和島(平和島競艇場)では、毎日万舟券にチャレンジする価値があると個人的には思っています。 ボートレース平和島(平和島競艇場)で開催されるレースの舟券を購入される時の参考に是非してみてください。

次の

【競艇】干潮・満潮時のレース展開!潮の満ち引きの影響を理解しよう!

平和島 競艇 場 ライブ

潮の満ち干きがレース結果に影響する競艇場 海水面の競艇場の全てが、潮の満ち干きがあるわけではありません。 常滑競艇場では開催期間中、水門を閉じることで潮の満ち干きを遮断しています。 蒲郡競艇場には水門は存在しませんが湾の内側で汽水域に近く、潮の満ち干きの影響が少なくなっています。 汽水域の競艇場でも、潮の満ち干きがレース結果に影響を与える場所もあるので注意しましょう。 ちなみにびわこ競艇場のような、大きな湖でも潮の満ち干きは起きます。 しかし大きな湖の潮の干満は、レース結果に影響を与えるようなものではありません。 満潮時のレース結果への影響 潮の満ち干きは、月の引力に海水が引っ張られることで起きます。 満潮から干潮へ移行する時間は約6時間で、第1レースと最終レースでは干満が逆転しています。 まずは満潮時のレース結果に表れる影響からご紹介しましょう。 満潮時の特徴は、水面が高くなり艇が不安定な状態になります。 ターンマークを全速で回ることが難しい状態になり、アウトコースからの全速まくりが決まりにくくなります。 インコースの艇か、カド付近から差しを狙う艇が有利になります。 干潮時のレース結果への影響 続いて干潮時の特徴をご紹介しましょう。 干潮時の特徴は、水面が低くなり凪状態になるので艇が安定します。 満潮時と違い、全速ターンがやりやすくなり、アウトコースのまくりが決まりやすくなります。 とはいえ競艇は、基本的にインコース有利なので、あくまで決まりやすくなるのみです。 児島競艇場では、干潮時の3コースや4コースのカドやカド受けのまくり差しが決まりやすくなることも覚えておきましょう。 平和島競艇場の干潮時は高配当になりやすい? 平和島競艇場は、1マークに向かって幅が狭くなっていくことから、インコース不利な水面として有名です。 もともとインコースが不利と言われる水面で、干潮時になるとアウトコースがかなり有利になります。 さらに狙い目としては、干潮時で向かい風の時です。 平和島は海からの季節風や、近くの高層ビルを抜ける風のおかげで強風が多い場所でもあります。 向かい風だとインコースが不利になりやすいので、干潮と向かい風の条件が揃っていた時はチャンス。 5号艇や6号艇は高配当になりやすいので、選手の特徴や技術をよく考えて予想しましょう。 低人気のアウトコースが勝利して、万舟をとることも夢ではないかもしれません。 関連 江戸川競艇場の上げ潮と下げ潮を理解しよう 江戸川競艇場は、名前のとおり川の中にある競艇場です。 川なので潮の満ち干きは関係しないと思うかもしれません。 実は江戸川競艇場は東京湾の河口に位置する汽水域ですので、潮の満ち干きの影響を受けるのです。 他の競艇場よりも潮の満ち干きが重要視される、江戸川競艇場の上げ潮と下げ潮をご紹介します。 江戸川競艇場では、満潮になるにかけて上げ潮になります。 下流方向の2マーク側から1マーク側に向かって潮が流れるので、追い風と同じ状態になります。 つまりインコースが有利になり、アウトコースのまくりが流れてしまい決まりにくくなります。 逆に干潮になるにかけては下げ潮になり、上流方向の1マーク側から2マーク側に向かって潮が流れます。 もちろんアウトコースが有利になるので、カドの艇や大外からのまくりも決まりやすくなります。 江戸川競艇では常識の上げ潮と下げ潮、しっかり覚えておきましょう。 潮の満ち干きを理解して回収率アップへ! 今回は潮の満ち干きがレース結果に影響することに関して紹介しました。 海水面だからといって、全ての海水面競艇場が潮の満ち干きに影響するわけではありませんでした。 また、汽水域であっても潮の満ち干きの影響を受ける競艇場もありましたね。 満潮時は水面が荒れるため、インコース有利でアウトコースのまくりは不利。 干潮時は水面が静まるので、アウトコースのまくりやまくり差しが決まりやすくなります。 インが不利な水面の平和島競艇場の干潮時、さらに向かい風の時はアウトコースの勝率が上がります。 万舟狙いで低人気の5号艇や6号艇に、夢を預けてみるのも良いでしょう。 江戸川競艇場は、東京湾の河口にあるため満潮時は上げ潮、干潮時は下げ潮になります。 他の競艇場よりも、潮の満ち干きに敏感になって予想する必要がありました。 潮の満ち干きでレースが決まるわけではありませんが、ひとつの予想材料として利用することが効率的な舟券回収につながりますよ。

次の

平和島競艇場の特徴を検証!インコースの勝率の低さが日本一の競艇場!?

平和島 競艇 場 ライブ

潮の満ち干きがレース結果に影響する競艇場 海水面の競艇場の全てが、潮の満ち干きがあるわけではありません。 常滑競艇場では開催期間中、水門を閉じることで潮の満ち干きを遮断しています。 蒲郡競艇場には水門は存在しませんが湾の内側で汽水域に近く、潮の満ち干きの影響が少なくなっています。 汽水域の競艇場でも、潮の満ち干きがレース結果に影響を与える場所もあるので注意しましょう。 ちなみにびわこ競艇場のような、大きな湖でも潮の満ち干きは起きます。 しかし大きな湖の潮の干満は、レース結果に影響を与えるようなものではありません。 満潮時のレース結果への影響 潮の満ち干きは、月の引力に海水が引っ張られることで起きます。 満潮から干潮へ移行する時間は約6時間で、第1レースと最終レースでは干満が逆転しています。 まずは満潮時のレース結果に表れる影響からご紹介しましょう。 満潮時の特徴は、水面が高くなり艇が不安定な状態になります。 ターンマークを全速で回ることが難しい状態になり、アウトコースからの全速まくりが決まりにくくなります。 インコースの艇か、カド付近から差しを狙う艇が有利になります。 干潮時のレース結果への影響 続いて干潮時の特徴をご紹介しましょう。 干潮時の特徴は、水面が低くなり凪状態になるので艇が安定します。 満潮時と違い、全速ターンがやりやすくなり、アウトコースのまくりが決まりやすくなります。 とはいえ競艇は、基本的にインコース有利なので、あくまで決まりやすくなるのみです。 児島競艇場では、干潮時の3コースや4コースのカドやカド受けのまくり差しが決まりやすくなることも覚えておきましょう。 平和島競艇場の干潮時は高配当になりやすい? 平和島競艇場は、1マークに向かって幅が狭くなっていくことから、インコース不利な水面として有名です。 もともとインコースが不利と言われる水面で、干潮時になるとアウトコースがかなり有利になります。 さらに狙い目としては、干潮時で向かい風の時です。 平和島は海からの季節風や、近くの高層ビルを抜ける風のおかげで強風が多い場所でもあります。 向かい風だとインコースが不利になりやすいので、干潮と向かい風の条件が揃っていた時はチャンス。 5号艇や6号艇は高配当になりやすいので、選手の特徴や技術をよく考えて予想しましょう。 低人気のアウトコースが勝利して、万舟をとることも夢ではないかもしれません。 関連 江戸川競艇場の上げ潮と下げ潮を理解しよう 江戸川競艇場は、名前のとおり川の中にある競艇場です。 川なので潮の満ち干きは関係しないと思うかもしれません。 実は江戸川競艇場は東京湾の河口に位置する汽水域ですので、潮の満ち干きの影響を受けるのです。 他の競艇場よりも潮の満ち干きが重要視される、江戸川競艇場の上げ潮と下げ潮をご紹介します。 江戸川競艇場では、満潮になるにかけて上げ潮になります。 下流方向の2マーク側から1マーク側に向かって潮が流れるので、追い風と同じ状態になります。 つまりインコースが有利になり、アウトコースのまくりが流れてしまい決まりにくくなります。 逆に干潮になるにかけては下げ潮になり、上流方向の1マーク側から2マーク側に向かって潮が流れます。 もちろんアウトコースが有利になるので、カドの艇や大外からのまくりも決まりやすくなります。 江戸川競艇では常識の上げ潮と下げ潮、しっかり覚えておきましょう。 潮の満ち干きを理解して回収率アップへ! 今回は潮の満ち干きがレース結果に影響することに関して紹介しました。 海水面だからといって、全ての海水面競艇場が潮の満ち干きに影響するわけではありませんでした。 また、汽水域であっても潮の満ち干きの影響を受ける競艇場もありましたね。 満潮時は水面が荒れるため、インコース有利でアウトコースのまくりは不利。 干潮時は水面が静まるので、アウトコースのまくりやまくり差しが決まりやすくなります。 インが不利な水面の平和島競艇場の干潮時、さらに向かい風の時はアウトコースの勝率が上がります。 万舟狙いで低人気の5号艇や6号艇に、夢を預けてみるのも良いでしょう。 江戸川競艇場は、東京湾の河口にあるため満潮時は上げ潮、干潮時は下げ潮になります。 他の競艇場よりも、潮の満ち干きに敏感になって予想する必要がありました。 潮の満ち干きでレースが決まるわけではありませんが、ひとつの予想材料として利用することが効率的な舟券回収につながりますよ。

次の